在庫0、初期費用0で グッズ作って販売してみたら、かんたんすぎて ちょっと引いた話【SUZURIレビュー】

スポンサーリンク

こんにちは!
似顔絵うつブロガーみさとです。

オリジナルグッズを作って販売できて
在庫管理から発送まで代行してくれる、
SUZURIという
サイトをご存知ですか?

手続き難しいのかな…と思って
調べてみたら、拍子抜けするほど
かんたんだった
ので
早速
オリジナルグッズを販売してみました!


今日は
SUZURIでの出品について
ご紹介します。

SUZURIとは?

概要とメリット

SUZURI
オリジナルグッズを作ったり、
売ったり、購入したりできるサイト
です。

自分で
販売サイトを立ち上げるのに比べて

  1. 出品にお金がかからないので、資金の初期投資がいらない
  2. 画像データをアップロードするだけで かんたんにグッズが作れる
  3. ウェブサイトを一から作らなくて良い
  4. 受注から発送まですべてSUZURIが代行してくれ、在庫も抱えなくて良い
  5. こちらの個人情報は公開しなくて良いし、顧客の個人情報に留意する必要もない

といったメリットがあります。

駆け出しの身としては、
在庫管理と
初期費用が無くなった
ことが
とても嬉しいです。

これまでは
Tシャツを仕入れて外注で印刷し、
商品を検品して包装し
納品していたので、
嘘のように手軽になります。

めちゃすご!!

また、運営会社の
GMOペパボ株式会社
レンタルサーバーのLOLOPOP!
ハンドメイドサイト
minneなども運営していて
母体がしっかりしているのも安心です。

注意点はグッズの種類が決まっていること

デメリットを挙げるとするなら、
選択できる
アイテムの種類が限られている
ということでしょうか。

全く同じ素材の
商品が溢れることになるので、
差別化ができないと
埋もれてしまう
可能性が高いです。

素材からこだわりたい方には
向かない
かもしれません

ただ、サイトには
アパレルから文房具まで
25種類(2019年6月現在)
ものアイテムが用意されていて、
眺めているだけでも
わくわくしてきます。

まずは1種類から
気軽に作ってみても良いのでは。

SUZURIでグッズを販売するまでの流れ

①画像データを用意する

まずはグッズに使用する
画像を制作します。

・JPEGかPNG形式
・15MB以下

であればOKです。

詳しいサイズについては
「制作するアイテムごとの
推奨画像サイズ(解像度)は?」

を ご覧ください。

ちなみに データなら、すでにあるのよ

実は 2年くらい前から、
OISAN
(おいさん=おっさん)
グッズを製作しています。

こちらのモデルは、
書家・看板屋・フォトグラファー・
古道具屋・映像作家・石ころアーティスト
etc…
と多才な顔をお持ちのクリエイター
草刈淳さん。

草刈さんを
有名なクリエイターとしてではなく
あくまで「近所のおっさん」として
ゲリラ的に表現したかった
んです。

ちなみに 草刈さんご自身も
快くグッズ化を受け入れてくださり、
直々に
ロゴまで書いていただきました。

当時は
手元に印刷設備がなかったため、
受注した分だけ印刷を外注。

その結果
予め在庫を担保しておく必要もあり、
資金の枯渇した現在は
製作を中断せざるを得ませんでした。

元気なとき 高らかに
「グッズ作りますーー!!」
と宣言したのに、
一部しか形になっていなくて
本当に ごめんなさい…

今回は
そのときのデータを
そのまま使います。

SUZURIの会員登録をし、画像をアップロードする

まずは
SUZURIのサイトへアクセスして、
メールアドレスを入力し
会員登録します。

メニューから
「グッズを作る」を選択し、

準備しておいた
画像をアップロードします。

すると
一括で 各アイテムの印刷範囲に
画像が挿入されます。

③販売するアイテムの種類を選び、印刷位置を調整する

次に、
25種類(2019年6月現在)の
アイテムの中から
販売したい種類を選びます

ここで 右上の
エンピツマークを押すと、
1種類ずつ
微調整
ができます

④商品名や説明文を打ち込み、売り上げを決める

最後に
アイテムの名前説明文を入力し、
各アイテムに上乗せする
売り上げの取り分を決めます。

最後に
「保存する」を押せば
早速 販売開始です。

はやっ!

売り上げの振込先となる
銀行口座や、
ショップの画像を登録しておけば
完璧です。

まとめ

今回は
SUZURIを使って
オリジナルグッズを販売してみました。

想像していた以上に かんたんで、
もっと早く知りたかったです。笑

現在 Tシャツを注文しているので、
届いたらまた
レビューしたいと思います!

どこかの誰かが
お揃いを着てくれるかも!

と想像するだけで
ニヤニヤしてきちゃいますね。
 
今回作ったアイテム
こちらから どうぞ〜!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です