ふわり、浮き足立って、恋がしたい。

スポンサーリンク

恋がしたい、とツイートしたのは
少し前のことでした。

今の状況に
何か過不足があるわけではないし
少しずつ回復もしてきている。

まあ、だからこそ
こうした思考になるのでしょうが、
ここでいう恋とは何なのか
自分でもよくわからないのです。

近しい人との距離感がわからない

パートナーを持つのが怖い。

それは
大きなうつの波の中で
毎回ずっと
感じていることです。

人への依存が
強い方だと自負していますが、
心を許した相手に
どこまでのことを求めていいのかが
未だに
よくわからないのです。

過去に
家族と衝突した際、
思い通りにいかないことで
パニックを起こし、
自傷行為に至ったこともありました。

つらい、苦しい、しんどい。
どこにも吐き出せない感情が
ときに
マグマのように吹き出して
身近なひとを次々と傷つけます。

これまでの恋愛では
3年前後と
長期のお付き合いの方が
多かったのですが、
私の情緒が不安定なときに
いつも決まって 関係が悪化。

何より
こちらに余裕がなくなるので
自分から別れを告げていました。

愛想の良い外面と
爆発してしまう感情との
ちょうど間を保つことができず、

身近な方にも、私にも
つらい期間が続きました。

実家の壁には
私の開けた穴が
今でも ぽっかり開いています。

ブログとシェアハウス、似て非なる私のバランサー

シェアハウスでの生活が
私にもたらした一番の効果は、
家族との距離感が
保てるようになったことでした。

シェアハウスでの生活を通して
家族に最低限の思いやりを持つこと、

そして
当ブログを通して
日々の負の感情を疑問に昇華させて
記事のネタにすることを覚え、

今回は
大きな爆発をすることなく
穏やかに過ごせています。

だからこそ、
すこし
自信がついたのかもしれません。

恋がしたい。
素直にそう思いました。

あ。
今、わかった。
そわそわしてみたいんだ。

ちょっと
躁状態に近いのかもしれないけれど、
すこしだけ
浮かれて、浮き足立ってみたい。

なるほどね。

そんなことを思えた自分の
回復を嬉しく思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です