『リンネル』9月号の付録は 北欧柄が可愛いバッグとポーチ!ふかふか生地だから、荷物が多くて膨らんでも 目立たなくてオススメ。

スポンサーリンク

1ヶ月間ずっと悩んで、
20日(土)の発売日に
リンネル9月号を購入してきました。
1000円(税込)です。

もちろん、紙面にも
大好きな
モデル・菊池亜希子さんの連載など
惹かれる要素は多いのですが、
今回の目当ては
何と言っても 付録。

北欧柄が人気のブランド・
kippisとのコラボによる
ショルダーバッグとポーチの可愛さに、
思わず目が釘付けになりました。

実際に購入して 使ってみた感想としては

  1. 縫製の甘さが多少 気になるが、価格を考えれば問題ない程度。
  2. とにかくポケットが多くて、使いやすい。
  3. 生地のお陰で、荷物の多さもカバーしてくれるのが嬉しい。

の3点。

それでは
詳しいレビュー、
いってみましょう!

いざ、開封!触り心地がクセになります

早速
開封してみましょう。

バッグ自体は マチ以外
ほぼ折りたたまれることなく
そのまま入っていました。

取り出した瞬間から
すでに しゃんとしています。

サイズは
H17 × W23.5 × D8.5cm
ちょっとしたお出掛けに
ちょうど良い大きさです。

一緒に、
肩から掛けるための
調節可能なストラップが
入っていました。

同じ柄のポーチには
ポケットティッシュが
すっぽり入ります。

サイズは
H9 × W14cm

 

サラサラ、ふかふかとした
キルティング素材の手触りがクセになり、
膝に乗せて
ずっとサワサワしていました。

撥水加工されているのも
嬉しいですね。

唯一気になったのは、ポーチの縫製の甘さ

開封してみて
唯一気になったのは、
ポーチの縫製の甘さでした。

ファスナーが波打ってしまっていて、
開けるのに多少の引っ掛かりを感じます。

ただ、
開閉に問題のあるレベルではないので、
気にする方でなければ
ご安心ください。

ロゴやファスナー金具など、細部に感じるこだわり

程よい大きさの
kippisのロゴや、

紺色で統一されたファスナー、
アンティーク感のある金具など
細かい部分に
こだわりを感じました。

こんな所にも?ポケットがとにかく多い!

開封してみてびっくりしたのは
ポケットの多さでした。

メイン収納部分に
4つのポケットがあり、
その他にも
ファスナー付きのポケットが
前面と

背面に
それぞれ付いています。

このコンパクト感で
3つもファスナーポケットが
付いているのは嬉しい!

ちょっとしたお出掛けには、十分すぎるほどの収納力!

気になる
どのくらいのアイテムが入るか問題ですが、
物が多い私でも
十分すぎると感じるほどの収納力でした!

今回 入れてみたら、
このくらいの荷物は
楽々 入りました。

すげー!

しかも
表面がキルティング素材で
ふかふかしているので、
多少膨らんでも
あまり 違和感がありません。

マチが薄めなので
荷物が多いと
幅が出ちゃうのですが、
ふかふか生地のおかげで
ボリュームが
カバーできる気がします!

まとめ:北欧柄が好きで、お散歩バッグを探しているならオススメ!

おさらいすると、

  1. 縫製の甘さが多少 気になるが、価格を考えれば問題ない程度。
  2. とにかくポケットが多くて、使いやすい。
  3. 生地のお陰で、荷物の多さもカバーしてくれるのが嬉しい。

こんな感じ。

総合すると
北欧柄がお好きで、
手軽なお散歩バッグを探している方には
ぜひ オススメします。

使い勝手と手触りの
両方がお気に入りです。
 
ぜひ
お手に取ってみてください〜。

スポンサーリンク

『リンネル』9月号の付録は 北欧柄が可愛いバッグとポーチ!ふかふか生地だから、荷物が多くて膨らんでも 目立たなくてオススメ。” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です