【シェアハウス生活】母乳も生活もシェア。「メノトモ」なんて素敵じゃない?

スポンサーリンク

並んで母乳をあげる しほさん(左)と あやさん

親友が
育児ノイローゼ気味だという
知らせを受けた。

出産をきっかけに、
情緒不安定な日々が続いており
周囲の方も
気にかけてくださっているらしい。

メンタルの強くない私においても
決して 人ごとではない。
IKIに住まうまでは
出産・育児への漠然とした不安があった。

そこで 今日は
IKIでの子育て
特に 母親と乳児の事情について。

※私の住んでいる
シェアハウスのIKI(いき)については
  過去の記事をご覧ください。

母乳が出ない方がマイノリティ

IKIに来て すぐのころの話。

このあと さらに
たっちゃん

「おみず いっぱいのんだら
おっぱい でるよ!」

って励ましてくれた。
(1回 がんばってみるわ…!)

掴まれても 揉まれても出ません

私以外の成人女性は
しほさん も

あやさん も

乳児を子育て中で 母乳が出る

2:1
母乳の出ない方が少数派なので、
子どもたちが
「大人になれば母乳が出る」
と思うのも無理はない。

ごめんね、出ないよ

母乳は「対応できる方が飲ませる」

IKIのアイドル
次女次男コンビ。

それ 大事な大事な みんなの生活用水やで

はるるんいたるっち
母乳離乳食
(という名の 大人からもらったごはん)
で生きている。

通常 子どもが
おっぱいモードのとき、
近くに母親がいなければ呼びに行く

でも IKIでは
近くにいる方自然とあげている

この日は ふたり揃って おっぱいモードに。
母親同士も 楽しそう

片方ずつ 同時
ふたりへ
おっぱいをあげている
こともある。

食の安全への思いが重なり
日々 同じものを食べている
からこその信頼関係なのだろうか。

あやさんに お聞きしてみたら

しほさんなら
(あげても)大丈夫
って感じるからなんだけど、
自分の作ったごはん
(はるるん に)
あげる感覚に近いかな。
おっぱい
自分の血だから、
ちょっと
ごはんとも感覚は違うけど」

とのこと。
お互いへの
強い信頼関係の上で
成り立っているようだ。

これが 親戚関係ではない
ふたりの間で形成されているのが
興味深い

しほさんにも お聞きしたら

機会があれば
どの子にもおっぱいをあげたい!
ウェルカム!!
もともと人間
助け合って子育てするから
出産後
次に妊娠できるまでの期間

短くなった生き物
色々助け合ったほうが
物理的にも精神的にも良い
思うんだよな〜」

とのこと。
しほさんの深すぎる愛
生物学的な知見
混ざっていて面白い

現代版「乳母(めのと)」という考え方

我が国の古典に よく登場する
「乳母(めのと・うば)」という言葉。

母親のかわりに、子供に乳を飲ませ養育する女

『旺文社 国語辞典 [第11版]』

とある。
身分の高い層教育係である。

一時的なベビーシッターとは異なり、
乳母の母乳を飲んで育った
高貴な身分の子乳母の子
「乳兄弟(ちきょうだい)」と呼ばれ、
血は繋がっていないものの
特別な関係とされた。

ち きょうだい -きやうだい [2] 【乳兄弟】
血のつながりはないが、同じ女性の乳で育てられた人。めのとご。ちおととい

三省堂 大辞林

さらに 興味深いのは、
同じ「めのと」という音で
(違いはあれど)
男性女性も言い表せたこと。
ジェンダーレスな言葉である。

 (乳母)母親の代わりに子供に乳を飲ませて育てる女。うば。
「もの言はぬちごの泣き入りて、乳も飲まず、―の抱くにもやまで久しき」〈・一五〇〉
 (傅)貴人の子を守り育てる役目の男。もりやく。
「―の兼遠を召して宣ひけるは」〈平家・六〉

出典:デジタル大辞泉(小学館)

あれ。
これって 時代が下ったことで
IKIでの子育てに通ずるのでは。

でも ここでいう場合は
一方的な乳母ではなく、
双方向的
お互いが乳母となる形。

母乳生活も、
育児の楽しさ悩み
シェアできる関係性。

母親だけに限らず、
父親も一緒に。
何なら、私みたいな
未婚者まで巻き込んで。

「乳母の友だち」で「メノトモ」なんて
名付けてみたけど いかがでしょう。
単純に
響きが かわいくないですか。

「meno-tomo」みたいに
ローマ字にしても かわいい。

おまけ:次女・次男コンビの 力関係

はるるん

いたるっち

普段
お兄ちゃんお姉ちゃんから
力関係で不利な状況
置かれることも多い。

おもちゃで遊んでいたら
取り上げられたり
貸してほしいおもちゃがあっても
全然譲ってもらえなかったり

単純に、
鬱憤が溜まっているようなのである。

そのためか、
最年少の いたるっちが遊んでいると
どこからともなく 暴君と化した
はるるん
がやってきて
根こそぎ おもちゃを奪っていく

楽しそうに遊ぶ いたるっち に近付く はるるん
はるるん「面白そうなもの 持ってるじゃない」
はるるん「そうそう これこれ」
はるるん「あなたには 渡さないわよ」

落ち込む いたるっち

どんなに遠くで遊んでいても
4ヶ月お姉さんはるるん
嗅ぎ付けて 追い剥ぎして行く。

はるるん に犬を奪われ
仕方なく車で遊び始めた いたるっち
(この後 車も奪われた)

その光景が
かなり シュールです。

スポンサーリンク

【シェアハウス生活】母乳も生活もシェア。「メノトモ」なんて素敵じゃない?” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。