口癖に気づかされた、視野の狭さ。「このままじゃいかんな」と思った話

スポンサーリンク

口癖って、怖いですよね。

あるときは
モチベーションを上げてくれて、
あるときは
思考を停止させてしまう。

しかも 無意識に
発してしまっていることが多いから、
修正するのも難しい。

  

先日妹と話していて

もし お金があったら
〇〇したいんよ〜

お金が溜まったら
〇〇したくてさ〜

と話している自分に気づいて
思わず ぞっ、としました。

お金が溜まるまで、
何もしないの?

数ヶ月間
家の中で生活してきたことで、
どんどん
視野が狭くなってきている。

こりゃ、いかん。

6つの口癖がやる気を削いでしまっているかも

東洋経済ONLINE・
大平信孝氏の
「やる気が続かない人」に多いヤバい口癖6つ
という記事によると、
普段 何気なく使っている
6つの口癖が
やる気を削いでしまっている
可能性があるのだとか。

・でも
・だって
・どうせ
・まあいいか
・私は違う
・時間、お金がない

https://toyokeizai.net/articles/-/256864

うわ〜!
「お金がない」、
めっちゃ言ってるわ〜!

その他の口癖も、
無意識に 脳内で
反芻してしまっている気がします。

大平氏によると、
「でも」を
「それなら」に言い換えると
思考を停止させずに
次へ進められるのだそう。

こういう、
「AしそうになったらBする」
っていう代替案は
必要だよなぁ。

せっかく
自分の中から湧き上がった
「やりたい!」を、
お金のないことを言い訳にして
それ以上欲しないように
自制していたようです。

やりたいこと・欲しいものを書き出してみた。

「もしもお金があったら〜」
の話が続いたあと

これじゃいかん!

と 思い立ち、妹の前で
やりたいことや欲しいものを
ザーッと
書き出してみることにしました。 

  • Wacomの液晶タブレット(66,000円)を買って、仕事にできるだけのイラスト力をつけたい。
  • ジムに通いたい。
  • パスポートの申請(16,000円)をして、海外に行ってみたい。
  • 全身脱毛(数十万円)したい。
  • 二重の目になりたい(100,000円)。

つまんねーーーー!!!

なんだろう。
地に足着きすぎて
全然面白くないんです。

 

しかも この中で唯一
Wacomの液タブへだけは

欲しいーーー!!!


という熱意がありますが、
その他は なんとなく

もしあったら
生活が豊かになりそうだな〜。

くらいの感じ。
本当は
いらないのかもしれません。

 

とにかく 、
お金がなさすぎることで

どうせ買えないし。

と思考が停止して
やりたいことは
浮かばなくなってしまうし、
それが本当に必要なのか
考えること自体を
やめてしまうんですよね。

今回浮かんだことも、
果たして
心からやりたいことなのかは
わからないんです。

これは、刺激が必要だ。

まとめ:元気な日は、外に出よう。

今日 ふらり、と
外に出たら たまたま
たくさんの方にお会いできて、
考えるヒントを
いっぱい いただけたんです。

今は療養しつつ 内にこもって
スキルの習得に専念すべきと
考えていたのですが、
「そもそも何のために
 そのスキルが欲しいのか」が
どんどん見えなくなって
苦しくなってしまっていました。

元気な日は 今日みたいに
できるだけ外に出て、
「あれもやりたい!」
「これもやりたい!」という
純粋なわくわくを
補給しておくことも大切ですね。

刺激をもらうのって
重要やなぁ。

  

  

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です