サージカルステンレス製のボディピアスなら、金属アレルギーが出にくく付けっぱなしにできて、 デザインも豊富!

スポンサーリンク

たぶん私、金属アレルギーです。

お友だちにもらったお気に入りのピアスも、妹にもらったキラキラしたピアスも、少し付けているだけで ピアスホールがすぐにグジュグジュしてきちゃうんです。

みさと

困った。

さて、そんな私が普段 付けっぱなしにしているのが、サージカルステンレス製のボディピアス。
彼ら、安いのにとっても優秀なんです。

そこで今回は、愛用しているボディピアスをご紹介しながら、ファッションピアスではなくあえてボディピアスを選ぶメリットを3つご紹介します!

金属アレルギーが起きにくく錆びにくいので、付けっぱなしにできる

医療用にも使われるサージカルステンレスは、金属メッキなどのピアスに比べてアレルギーを引き起こしにくい。

しかも一般的な金属に比べて錆びにくいので、お風呂やプールにも付けたまま入ることが可能なんです。

みさと

ファーストピアスからずっと付けっぱなしにできるので、お気に入りのピアスとずっと一緒にいられる良さがあります。

パーツをカスタマイズできる

ボディピアスの多くは、パーツをカスタマイズすることができます。

例えば、ボディピアスの中でもポピュラーなストレートバーベルは、3つのパーツからできています。

ファーストピアスに選べば、キャッチの部分を付け替えるだけで、自由にデザインを変えることができます。

みさと

ファーストピアスは極力 外さないことが望ましいので、耳に付けたままでもデザインを変えられるボディピアスの存在は本当にありがたいです。

ファッションピアスにはない、いかつさが魅力

ボディピアスの魅力は、なんといってもその いかつさ。

可憐な女の子の耳にゴツめのボディピアスが付いていたら、思わずきゅん、としてしまいます。

みさと

男性が付けて良し、女性が付けても良しな、懐の深いピアスです。

実際に使っているピアス紹介

私は普段、よく楽天でボディピアスを購入します。

今手元にあるピアスで、現在も販売されているものをご紹介します。

ストレートバーベル

ファーストピアスとしてや、ホールの安定しないぐずぐずの時期の救世主としても幅広く使える形です。

キャッチが丸くなっているタイプが多いので、引っ掛けにくいのも嬉しいところ。

キャッチだけ何種類か購入して、よく気分で付け替えていました。

パールのタイプはどんなTPOにも合わせやすいので、よく使っています。

CBR(キャプティブビーズリング)

シンプルなのに、3連や4連で付けると耳周りが一気に いかつくなるので大好きです。
よく愛用しています。

ビーズを着脱するのにちょっとしたコツがいりますが、慣れてしまえば簡単に付け外しできます。

フープピアス(セグメントリング)

パーツの一部が可動式になっていて、失くさないタイプのピアスです。
フープのシンプルなピアスが欲しかったので購入しました。

すぐにパーツを失くすので、一体型は嬉しいです。

まとめ:ボディピアス、よいです。

なんだかんだ、迷ったら とりあえずボディピアスを付けてます。

付けっぱなしにできるし、デザイン豊富だし、いかついし。
申し分ないです。

軽度の金属アレルギーをお持ちの方や、普段のピアスの付け外しが面倒に感じている方にはぜひ おすすめします!

みさと

ボディピアスのおかげでピアス選びの幅がぐん、と広がったので、とても感謝しています。
みなさんもボディピアスをお迎えして、ぜひ楽しいピアスライフを~!

スポンサーリンク

サージカルステンレス製のボディピアスなら、金属アレルギーが出にくく付けっぱなしにできて、 デザインも豊富!” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です